前の記事 TOP 次の記事

2008年03月22日

UbuntuLinuxの推奨スペック・必要スペックとは?

LinuxOSは一般的にWindowsXPやWindowsVistaと比較して、推奨スペック・必要スペックが軽いです。

「Windows Vista Home Basic」の推奨システム要件

>CPU
1 GHz 以上の 32 ビット( x86) または 64 ビット( x64) プロセッサ

>システム メモリ
512 MB のシステム メモリ

>ハード ディスク ドライブ
少なくとも 15 GB の空き容量のある 20 GB ハード ディスク ドライブ

>グラフィック アクセラレータ
DirectXR 9 対応のグラフィックと 32 MB のグラフィック メモリ

>光ディスク ドライブ
DVD-ROM ドライブ

>その他
オーディオ出力、インターネットアクセス

以上のように、WindowsVistaに要求されるパソコンのスペックはかなりハイレベルです。

UbuntuLinuxの推奨スペック・必要スペック

>CPU
Celeron 700MHz
※PentiumIIIでも動くかもしれません。Pentium4以上のCPUであれば問題なく動きます。
x86 CPU、64ビットCPUで動作します。

>メモリー
推奨384MB
※128Mあれば速度は遅いもののギリギリ動きそうです。
※メモリーはハードの許す範囲で多いに越したことはありません。
RAM512MB以上あると、サクサクと軽い動作を期待できます。

>HDD
少なくとも8GB以上必要。
ギリギリ動く最低レベルで4GB、USBメモリーに載るかも?
※インストールには2.5Gバイト以上の空き領域が必要。
ハードディスクは40GB以上あれば充分です。

>グラフィックボード
オンボードグラフィックでGUIは辛いかな?
「NVIDIA GeForce 6600 GPU」クラスのグラボがあれば3Dデスクトップもサクサク動くと思います。
ATIやnvidiaのグラボのドライバを別途インストールする必要がある場合も?

>光ディスク ドライブ
CD-ROMドライブ又は、DVDドライブ必須。フロッピーディスクは特に必要なし。

>その他
オーディオ出力、インターネットアクセス

ブートCDを使って、UbuntuLinuxが起動するか試してからインストールする方法が一番確実だと思います。

UbuntuLinuxはインストール中に、インターネットからファイルをダウンロードします。
そのため、UbuntuLinuxはインストール時にインターネット接続している必要があります。

たとえば、Windows2000・WindowsNT・WindowsXPが動作するパソコンであればUbuntuLinuxが走ると考えるとわかりやすいと思います。
ただし、3DグラフィックやGoogle EarthをUbuntuLinux上で走らせるには、もしかしたらパワー不足を感じるかもしれません。
そのあたりはオプション機能として割り切ったほうが良いかもしれないです。

UbuntuLinuxの最少スペック(機能が制限されます)

300 MHz x86 processor

64 MB of system memory (RAM)

At least 4 GB of disk space (for full installation and swap space)

VGA graphics card capable of 640x480 resolution

CD-ROM drive or network card

UbuntuLinuxの推奨スペック

700 MHz x86 processor

384 MB of system memory (RAM)

8GBのハードディスクドライブスペース

1024x768 表示可能なグラフィックカード

サウンドカード

インターネット接続環境


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。


posted by ZHANG at 20:12 | Ubuntuインストール

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa